2005年10月28日

A.I (A.I)

A.I.

 地球の温暖化が進み、人口を減らさざるを得なくなった人類。彼らの手足となって働くのは、精密に作られたロボットたちだった。ロボット研究において最後のテーマ…それが「愛」という感情だった…。

 A.I(人工知能)を持ち、母親を一心に愛するロボット“デイビッド”を演じたハーレイ・ジョエル・オスメント…。やはりただの子どもじゃない。

 やや子どもらしさを無くしている昨今のハーレイくん。アカデミー賞でプレゼンターとして登場した時の、あのスピーチなんか、ちょっとオッサンだったぞ。しかし、その、微妙〜にウソっぽい子どもらしさが、この映画では、時々見え隠れしてロボっぽく見える。

 見てて「なんや、こいつ…その子どもらしすぎる微笑は…」と、正直気持ち悪い時があった。まったくの人間ではないけど、まったくのロボットでもない、そのへんの微妙な感じを演じててうまかった。

 この映画は、ハーレイ君に尽きる。物語自体は「メルヘン」。大胆な起承転結はないのだから、出ずっぱりのハーレイ君がコケたら、この映画もコケてたと思う。

 そのストーリーだが、とても良かったと思う。というのも「愛」をロボットに持たせることへの人間の矛盾が、ちゃんと織り込まれていたから。何も考えさせない、ただの娯楽映画ではない(ただね〜、号泣するような映画ではないと思うがねぇ)。

 個人的には、ジュード・ロウの底抜けに明るい役柄が浮いていてちょっと…。ロボットのイメージに彼はぴったりなはずのに(これまでも、人間じゃない役はあったし…)見てみるとハマっていなかった気がする。その点がちょっと残念でした。
<2001.7.7>

■データ

出演:ハーレイ・ジョエル・オスメントジュード・ロウフランシス・オーコナーサム・ロバーズ
監督:スティーブン・スピルバーグ、制作年:2001、制作国:アメリカ

楽天レンタルで「A.I. 特別版」を借りよう


もっといろんなレビューを読むなら…ここ
posted by 3 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

A.I.
Excerpt:  ブログ更新が停滞気味のマコです。ネタが無い訳じゃないのですが・・私はやっぱり文章を書くのが苦手なんだなぁと実感しているとこです。自分の好きな映画なのにその素晴らしさを上手く表現できないのがなんとも歯..
Weblog: (まったり)マコの映画感想ブログ
Tracked: 2005-11-01 10:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。