2005年11月08日

暗殺の森

 ムッソリーニのファシスト政権が崩壊する前のイタリア。青年マルチェロは古くからの友人、イタロの紹介でファシスト党への入党を果たす。そしてかつての恩師でフランスへと亡命したクアドリ教授の身辺調査を自ら申し出るのだが…

 そのままポストカードにしてしまいたい、映像の斬新さ、カッコよさ。それにまず目がいった。

 どの場面も整っている。真っ白な精神病院の部屋、マルチェロをつける車を切り取った画像、文字が一面に書かれた壁…。曖昧でなく、どの場面もきちんとした形になっていることが、なんともいえない閉塞感、緊張感――この映画のベースになっている「ファシスト」を表しているような気がする。

 父親の精神病、堕落して愛人の言うがままになっている母親、幼い頃にいじめられ、ホモの青年に犯されそうになった暗い記憶まであるマルチェロ。その内面の暗さと孤独。「自分は他の人とは違う」そして「皆と同じようになりたい」と願う強い気持ちが見ている者にも実感できる。その感情は十分理解できるし、ファシストという時代背景に重なったとき、彼が皆と同じように、いや、それ以上に傾倒していく様は納得できる。

 だが、周囲に溶け込もうとすればするほど、彼はやっぱり孤独になっていく。「自分」をもてない者の底なしの恐怖と不安を感じるラストは、打開できない孤独が延々と続いていくことを予感させる。かなり秀逸な人物描写に痺れた。
<2002.2.2>

■データ
出演:ジャン・ルイ・トランティニャンステファニア・サンドレッリドミニク・サンダ、エンツォ・タラーショ
監督:ベルナルド・ベルトルッチ、制作年:1970、ドイツ=フランス=イタリア合作

B00005H3G9暗殺の森 完全版【ワイド版】
ジャン・ルイ・トランティニャン ベルナルド・ベルトルッチ
アミューズソフトエンタテインメント 1997-12-26

by G-Tools

posted by 3 at 15:57| Comment(41) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。