2005年10月30日

オールアバウトマイマザー

オール・アバウト・マイ・マザー

 一人息子を事故で亡くした臓器移植コーディネーターのマヌエラ。息子の存在を知らせないまま別れた元恋人に、息子の死を知らせるために過去が詰まった町へと戻り、そこでの再会、出会い、別れを描く。

 過剰な期待をして見たが、それに見合う素晴らしい作品だと感じることができた。アクの強い女性(?)ばかりが出てくるのに、作品自体はしつこくない。むしろ淡々としているし、お涙ちょうだいでもない。人物の思いが上手に描かれている。

 スペインの雰囲気が画面からにじみ出るこの作品。まず、部屋のカラフルなこと…。どうしてあんなに派手な色ばかりを上手に組み合わせることができるんでしょう。あんな部屋にしたくなったが、一歩間違うととてつもなく落ち着かない部屋になるだろうな。

 とにかくとてもよい作品。アカデミー外国語映画賞を受賞したのも納得。
 ペネロペ・クルスが素朴さ、純情さを持ちながらも今風の女の子を演じている。
<2000.5.24>

■データ

出演:セシリア・ロス、マリサ・パレデス、ぺネロぺ・クルス
監督:ペドロ・アルモドバル 制作年:1998、制作国:スペイン

オール・アバウト・マイ・マザーを読む。
オール・アバウト・マイ・マザー ― オリジナル・サウンドトラックを聴く。

もっといろんなレビューを読むなら…ここ
posted by 3 at 23:26| Comment(3) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REDSHADOW/赤影

RED SHADOW 赤影


 平和のために働くため修行を積む「影」一族の忍者たち。幼なじみの赤影、青影、飛鳥の3人は、城に忍び込んで戦を食い止めようとするが…。

 オカマ忍者の吹越満さんをはじめ、目をこらしてじっくり見ていないと見逃してしまいそうな美味しいキャスト。エンドロールで「あっ!」「どこに出てた〜??」と残念に思った俳優さんが何人か。これは、事前チェックがおすすめ。

 設定は時代劇なのに、映像や音楽は現代を通り越して先に行ってる感じ。しかもそれが見事にマッチしているのがカッコイイねー。監督のなせる技。前作「SF サムライフィクション~」も見たくなりました。「忍者」という純日本な設定(「TAXi2」でも日本人の象徴はニンジャ〜だったし)って、下手すると目も当てられなかったかもしれないけど、この映画は斬新にかっこよく「日本」を見せてくれます。
 ストーリーは薄いけど、映像と音楽とカッコイイ日本を楽しむにはもってこい。笑いどころあり、笑いどころあり、笑いどころあり…(笑うだけかい〜っ)。そして、おきまりのアレも、きちんと押さえてくれてます。

 ただ「MISSION」ってのはいらなかった気がするけどなー。あれやるなら、せめて3つぐらいはMISSIONがないと…ヘンじゃない?
  <2001.8.17>

■データ

出演:安藤政信麻生久美子村上淳竹中直人奥菜恵藤井フミヤ舞の海秀平吹越満

RED SHADOW赤影 完全攻略極秘ガイドを買う。
RED SHADOW赤影COMIC VERSIONを買う。
RED SHADOW赤影 PREMIUM PHOTOも買っちゃう。

楽天レンタルで「RED SHADOW 赤影」を借りよう


もっといろんなレビューを読むなら…ここ
posted by 3 at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカンヒストリーX(AMERICAN HISTORY X)

アメリカン・ヒストリーX

ナチスの人種差別主義を崇め、胸に鉤十字の入れ墨をした兄。
いつしかその後を追うようにナチスに傾倒していく弟。
ある晩、兄弟の家に自動車泥棒が入ったことで事件は起こる…。

エドワード・ノートンの才能を再確認させられた作品。

「憎しみは憎しみしか生み出さない」という強いメッセージ性を持った「憎しみ」(フランス・マチュー・カソビッツ監督)に通じるものを感じた。

私が最も感動したのは、ラストシーンだ。正確に言うと、ラストシーンのその後。こんなにその後が気になる作品は多くないだろう。

ネタバレを気にしながら書ける範囲で書くと…(たぶん見てない人にはサッパリ分からないよね…)
憎しみの対象は変わるのか。変えることができるのか、できないのか。苦しんですべてを理解した上で出た結論を守ることができるのか…。

作品中だけでなく、ラストシーンの後の感情と感情のぶつかり合いまでも感じさせてしまう、心に残る作品でした。

■データ

出演:エドワード・ノートンエドワード・ファーロングビバリー・ダンジェロ、ジェニファー・リーン、タラ・ブランチャード、ウィリアム・ラス、イーサン・サプリー
監督:トニー・ケイ、制作年:1998、制作国:アメリカ

ポスターを買う

もっといろんなレビューを読むなら…ここ

アメリカン・ヒストリーX@映画生活
posted by 3 at 01:41| Comment(9) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。